トクラス グランフロント大阪ショールームに行ってきたよ~

マイホーム計画

ハロー世界、はこです。

急に冷え込みましたが、皆様体調はいかがでしょうか?

僕はもう毛布に包まれて寝ています。笑

朝も出社が早いので6時半ころには家を出ていますが、めちゃくちゃ寒い!!

しかし朝の空気は澄んでいてとても心地よいですね!駅まではマスクを外して新鮮な空気をパンパンに詰め込んでいきます。^^

高気密高断熱の家を建てられたとしてもこの時期は窓を開ける生活ですかね?秋はもう少し長くてもいいですね!

さて先週トクラスのショールームに行ってまいりました!ショールーム巡りも一旦残すはTDYショールームのみです!(タカラも追加で行こうと思いますが)

ブログなどを見ていると泉北ホームの施主様方は始めハンセムのキッチンに惹かれ、最終トクラスベリーに決まる方が多いイメージ・・・・一体トクラスの魅力とはなんなんでしょう?

その謎を解明すべく、はこちゃん一行はグランフロント大阪のトクラスショールームに訪れたのでした。

トクラス グランフロント大阪ショールーム

グランフロント大阪の北館5階にトクラスのショールームはあります。

今は完全予約制ですね!ご予約お忘れなく!

こちらのショールームにはトクラスのキッチンと、洗面台・システムバスが展示されていましたが、泉北ホームで標準なのはキッチンのみのため案内もとりあえずはキッチンのみです。

入り口にはミーレの食洗機が入ったキッチンが展示されており、ミーレ人気を改めて実感させられました。

いっとくけど予熱乾燥やぞ

野暮なことは言わない、でも自動乾燥のほうが良いと思う。笑

トクラスのキッチン ベリー

先日泉北ホームで選べるキッチンでトクラスのベリーをご紹介しました。

我が家では海外食洗機(できればボッシュ)を入れれることと、ワークトップ(天板)の色もこだわりたいためハンセムに続いてベリーは候補に上がっていました。

上でも述べたとおり、実際この2つのメーカーで悩む人は本当に多いそうで、ブログをされている施主様はトクラスに軍配が上がることが多いように見受けられます。

結論からいうとトクラスの魅力は美観維持のし易さかなと思います。

トクラスベリーでフルフラットの場合に選べる(ここ重要)テノールカウンターはセラミックに少々劣りますが衝撃に強く、傷がつきにくく、汚れにくく、熱に強いという特徴があります。

熱に関しては350℃のフライパンを10分置いても大丈夫だとか?

350℃のフライパンを置くことは一生ないとおもいますが。笑

ただしテノールカウンターは元が人造大理石で硬度は表面処理で確保しているだけなので、金ダワシなどを使用すると傷がついてしまいます。

逆にトクラスが標準採用している人造大理石天板は、他社のものよりも品質が良いため色のしみ込みや、汚れが取れなくなったときにナイロンタワシで削って綺麗にすることができます

シンクに関してはテノールカウンターでも通常の天板と同じ素材のものなので削ることができるんですよねぇ。

テノールカウンターのほうがオシャンなのに使い勝手でいうと普通の人大のほうが良いっていう。

ですので、テノールカウンターは別として、手入れのし易さからトクラスのキッチンは美観維持が比較的楽なのかなと思います。

第一候補のハンセムに関してはクォーツストーンの手入れは楽そうなのですが、ステンレスシンクがどうもかなり傷が付きやすいそうです・・・。

トヨウラのシンクですが、インスタでみたものはまじで傷だらけでこりゃぁいかんと思い始めたわけです。笑

ショールーム行ったからこそわかる、ハンセム→トクラスへの乗り換え。

トクラスは保証内でミーレ採用可能

我が家にとって大事な海外食洗機の採用可否ですが、トクラスは45cm幅のものに限りミーレの採用は可能です。しかも保証内で。

この時点で保証外と言われたパナソニック&リクシルはOUTですね。個人的に(というか嫁ちゃん的に)

ただし我が家が望むはボッシュの60cm幅・・・・。これは勿論保証外だし施主支給してねとのことでした。

しかも60cmだと収納幅とかも変わるからちょっと値段変わってきますよとのこと。

今週末には泉北ホームから見積もり結果くるかな?

普通にミーレの45cmでいいっていう方は保証もきくのでご安心を。

注意点

泉北ホームでトクラスベリー検討の際に気をつけたほうがいいかなと思うのが2点

  • フルフラットじゃないとテノールカウンター採用できない
  • カップボードのカウンターは白い(テノールの色と合わせようと思うとオプション)

ハンセムはカップボードのカウンターもクォーツストーン(キッチンと同色)なんで、仮に黒のテノールカウンターでカップボードは白とかだとやっぱなんか違和感感じます。

泉北施主様のらすくろ様によるとカップボードのテノールカウンター可は+5万程~(恐らく天板の長さによって変動)でオプションになるようです。

まぁ思ったよりかからないかも?

終わりに

さてお気付きの方も多いと思いますが、僕はあまりトクラスには傾かなかったみたいです。笑

依然としてハンセム派、まぁハンセムもオプション盛々なんで値段見ると萎えてしまうかもしれませんが。

ただトクラスは本当にいつまでもキレイに使えそうで、そこは良いなと思いますし、第2候補で置いておくことに変わりはありません。

あ~クリナップのセントロ標準にならんかな~

ハンセムシンクさえ・・・シンクさえ安くでカラーステンレスに変更できれば・・・。

悩める贅沢に感謝しながら、そろそろ詰めていきたいなと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

サンキュー世界、はこでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました