泉北ホーム 屋根材のオプション 軒出し・軒天のオプション

マイホーム計画

ハロー世界、はこです。

マイホーム計画においてオプションと言われる言葉をよく聞かれるかと思います。

どこどこのハウスメーカーはこれが「標準」で~どこどこの場合は「オプション」らしい~みたい感じで家づくりを始めるととても気になる部分です。

我が家がマイホーム建築をお願いする泉北ホームは比較的わかりやすく「標準」というものを定めていると思います。

この「標準」が充実していると”良い”と感じてしまいがちですが、「標準」という型にはめられると意外と自由が効かなくなったりするもんです。

今回はそんな標準の話ではなくオプションについて、屋根材については一体どういったものがオプションになるのかお伝えしていこうと思います。

屋根材について

いきなり屋根材かよという感じですが、私は正直家の中身のこだわりが薄く、嫁ちゃんのセンスに任せっきりです。

屋根材については泉北ホームではケイミューのコロニアルグラッサ(スレート)津熊鋼建の立平333(縦葺きガルバリウム)いうものを標準で選ぶことができます。

詳しくは下記の記事をご参照ください。

普段から通勤中や出かける時電車から屋根を眺めているのですが、スレート屋根はどことなく劣化している事が多い気がするんですよね。その家々の屋根材がどこのメーカーとか築年数などはわからないのですが・・・。

それに対してガルバリウムの屋根は比較的状態が良い(気がする)。

まぁガルバリウムが良いと言うよりは、スレートの良さがいまいちわからないです。安い?デザイン?

ガルバリウムのデメリットである、断熱性・静音性が悪いというところに関しては、正直かなり気になるところですが、屋根断熱と泉北ホームの二重屋根通気工法でなんとかならんかなぁと思っています。

金属屋根とすごく相性いいと思うんですけどね。

泉北ホームでもガルバリウム屋根材は標準で採用できますが、全然全面には押し出していませんね。

採用率もあまり高くないとか。

ですが、調べれば調べるほどガルバリウムの屋根に惹かれてしまいます。

 オプション SGL鋼板と改質アスファルトルーフィング

ただ私が採用したいのはガルバリウムにマグネシウムを付加し更に耐久力のあるSGLというもの、スーパーガルバリウム。

SGLの製品だと、アイジー工業「スーパーガルテクト」・ニチハ「横暖ルーフαプレミアムS」・ケイミュー「スマートメタル」あたりが有名どころなのでしょうか。

この3つの中だと、スーパーガルテクトと横暖ルーフαプレミアムSが断熱材付きのSGLとなります。

更には見た目も良い横葺き施工が可能な商品です。

泉北ホームでアイジー工業との商流があるのかわかりませんが、ニチハは外壁材が選べるということで間違いなく商売があるので、採用するとなれば横暖ルーフが現実的なのかなと思います。

金額は設計打ち合わせが始まったら見積もりしますとの事なので現時点では不明です。

改質アスファルトルーフィング

ルーフィング、これまたあまり家の素敵さには影響してこない部分かもしれませんが、メンテナンス的には重要視したいところです。

いわゆる屋根材の下に敷く防水シートのようなものですが、泉北ホームは標準でアスファルトルーフィング940という本当に一般的なものです。

この一般的なものの耐久性がまぁまぁ良くないようで耐久性は10年程だとか。

屋根材よりもこっちが先にだめになってしまい、雨漏りの危険性が高まるとのことで、これはなんとしても良いものにしたいところですね。

屋根の平米数は知れているので、4~5万円もあれば改質アスファルトルーフィングという20年程耐久性のあるものに変えられるようです。

そんな改質アスファルトルーフィングの中でも気になるのが、施主ブロガー様の記事でもよく見かける田島ルーフィングのニューライナールーフィングというもの。

同じ改質アスファルトでも30年の耐久性をもつといわれている製品ですね。

これまた気になるのが田島ルーフィングと泉北ホームの商流があるのかどうか。ここが無いとどうしようもないよねぇ・・・。

見えない部分ですが、家を長持ちさせるために拘りたいですね。

軒出し・軒天

屋根ばっかりで申し訳ございませんが、どうしても深い軒の家に憧れがあって下屋を出して一階西部分の軒を深くしたいなぁと思います。ここだけは完成時のイメージがすごく沸いてきます。

そして完成したら是非紹介したいな。 ※1/5追記 西側下屋は不採用になりました。笑

さて泉北ホームでは標準で軒70cm+雨樋21cmです。

あくまで標準です。北側斜線などで出せない場合はどんどん軒の長さが減っていきます。

これは料金聞いているのですが、追加で1辺あたり¥10,000/10cm

なんとも言えん・・・。むしろ高い?高くない?笑

そして最大では90cmまで追加可能とのことです。

理想は2m位欲しいんだけど160cm(70+90)+雨樋21cmまでしか出ませんね。笑

値段も結構しますねぇ。大変悩ましいです。

そして軒を深くしてその軒天は木目にしたい。これも軒の深さによって値段が変わってくるし、一部だけじゃダサいから全体しないとだもんねぇ。

全体の費用を見ながら軒の深さ決定となりそうです。^^;

終わりに

屋根材のオプションを紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

私は興味がありませんでしたが、泉北ホームの場合瓦屋根にしたい場合もオプションになります。

屋根や軒については家の耐久や外観に大きく関わる部分で拘るべきなので是非費用と相談しながらオプションもご検討ください。

ご覧いただいている皆さんには是非屋根材やルーフィングにも興味を持っていただけたらなと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました!

良ければ応援お願い致します。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 その他ハウスメーカーへ
はこのマイホーム計画with泉北ホーム - にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました