ヤマト住建の特徴と金額

マイホーム計画

ハロー世界 はこです。

大変ご無沙汰しております。

仕事が大変多忙だったのと間取りについて悩みまくっていた為ブログをおろそかにしていました。申し訳ございません。

泉北ホームの営業さんが、担当分の引渡し前の家を案内してくださり、内覧したところ付けたくなるオプションが増え大変な事になりそうです^^;

そういうセールス方法なのでしょうか?見れば見るほどお財布によくないです。笑

付けたいオプションとその見積り金額についてはまた今後書いていきます。書いて冷静になろう作戦です(?)

マイホーム計画の情報収集は沼ですね。しっかり自分を持っておきたいところです。

あんまり書くネタ思いつかなかったので、今回は泉北ホーム以外に検討していた会社の特徴と見積りを書いていきます。

ヤマト住建の特徴

度々このブログでも引き合いに出していますが、最近知名度が上がっている(らしい)ヤマト住建さん、嫁ちゃんがインスタから情報を得て、良さそう!行ってみたい!と言う事で行ってきました。

天下の一条工務店さんにせまる断熱性能で、なおかつお値段は控えめというのがウリのようです。

一条さんと同じく、内/外/屋根/基礎断熱、建物をすっぽり覆う断熱方法ですね。

断熱材に吹付やグラスウールは使わず、いわゆるボード系の断熱材を使用されています。

また、全館空調システムでYUCACOシステムというものを採用していますね。こちらはオプションになりますが、あんまり全面的に推している感じではなくゴリ押しはされませんでした。

そして耐震だけではなく制震も、ということでevoltz(エヴォルツ)という油圧式の制振ダンパーが標準で採用されています。

ヤマト住建さんは断熱と制震の二本を特にセールストークにされていたと思います。

家造りを開始し、初めてきちんと話を聞きに行ったビルダーさんだったので、どの話も耳障りがよく施主力0のはこちゃんはほとんど鵜呑みにしてしまいました←

断熱に関しては内外ダブル断熱で、さらに建物全体を覆う基礎~屋根という感じで間違いないんだと思いますが、それはそれで価格面であったり、シロアリリスクもあるし、6地域と言われる大阪でここまでしておくべきなのか、と今だからこそきちんと検討できます。

聞いたときはもうこれしかないじゃん・・・って思っていましたがね^^;

更には吹付断熱材なんて絶対ダメですよ、と言われ、どの吹付断熱材かわからないけれどもコンセント穴から変な汁(笑)が出てきている写真とか見せられて僕は怯えまくりですよ。

こんなん使ってるとこは絶対ダメですよと言われましたが、今思えばどこのメーカーのなんて商品の断熱材なんだよと突っ込みたくなります。笑

あとはグラスウールも鉄板のずれ落ちていて躯体が腐っている写真見せられましたね。そしてまんまとボード系しかだめなんだ・・・と刷り込まれるはこちゃんでした。笑

また耐震については、ヤマト住建さんは耐震等級3相当だけど制振ダンパーがあるのでむしろ3よりいいんです!と、エヴォルツが付いた筋交いでシミュレーションをしながら教えてもらいました。

が、許容応力度計算はされていないと思いますので耐震を気にされる方はお気をつけください!

と今から考えるとすべて鵜呑みにしているとただただ断熱性が良いだけの家になっていたかもしれませんね・・・。

それが重要と考えられるご家庭もあると思うので、一条工務店さんには手が出ないという場合は検討の余地もあるかもしれません。

ヤマト住建さんは断熱に重きを置いているため、正直に言うと住設の標準は全く良くなかったです

魅力的な標準は一切なしです。ということは住設も理想に近づけようとすると全てオプションですね。

見積りにも大体100万くらいは皆さんオプションになるので入れときますと言われたが、果たして100万円で済むだろうか?(いや済まない)

ヤマト住建の金額

では結局いくらだったかというと、エネージュENという商品名で(調べても出ません・後述します。)34坪で約2500万円(税込み)オプションの100万円も込みです。

たっかぁぁあーーー!!

もう一社目からこんな値段出てきたんでね、家づくり無理だ諦めようってなりました。笑

これ見積もりの中から泉北ホームさんと同じ項目だけ拾ったんですけどね、泉北ホームさんは税込み2150万円ですよ、何この埋まらない差・・・こっから地盤改良とか外構費入れたら余裕で3000万円見えてきますね。

それだけダブル断熱というか、ボード系の断熱材は高いということでしょうか・・・。

まぁヤマト住建さんと同じくらいのUA値を出そうと思うと泉北ホームさんだとプラスサーモ+追加断熱も考えないといけないかもしれませんねぇ・・・そしたら+200万位でしょうか・・・、それでもアドバンテージは泉北ホームさんにありですね。

断熱性能はとても魅力的だけど、総合的にはう~んという感じで(主に嫁ちゃんが住設に対して)、保留していましたが、6月中に決めないと色々サービスできないよ、とお決まりのトークがあったので結構ストレスでした。

そして値段の他にもう一つの不満が、商品名(笑)

ヤマト住建さんってエネージュ○○って言う商品名が付いているんですが、営業さん曰く30種類くらいあるそうなんです。しかも全部は覚えてないって。笑

でもカタログに載ってるのは5個くらいだったかな?しかも僕らが貰ったエネージュENなんてネットで調べても全然出てこない。なにが特徴なのかさっぱりでした。

パッケージとして売るなら、どの商品がどんな特徴かくらいはHPにでも載せるべきだと思います。

こんな高い見積もりを出された上で、それぞれの違いを検討できず同社でもう少し低いグレードの商品と比較しようにもわからずで大変困りましたね。

エネージュENと言われてお困りの皆さん、多分エネージュENは下記のような商品プランですよ!

  • ・外張り断熱(硬質ウレタンフォーム)
  • ・内断熱(EPS系)
  • ・基礎/屋根断熱
  • ・耐震等級3相当+制震ダンパーエヴォルツ標準
  • ・住設=ミドル仕様(下から二番目らしい、良くない)
  • ・防蟻処理はエコボロン
  • ・第一種換気
  • ・ベタ基礎
  • ・シャノン製オール樹脂サッシ
  • ・low-eトリプルガラス(アルゴンガス) これはいいなと思う
  • 以上

天井断熱になったり床下断熱になったり、外張りだけになったりとかで商品名が変わるそうです。

終わりに

ヤマト住建さんいかがでしたでしょうか?

結構ストレスのかかる商談でしたので少々否定的に書いてしまいましたが、これでもかなりマイルドに書きました。実際は・・・です。笑

まぁ結果的に我が家はバランスを重視したいのでヤマト住建さんとは縁がありませんでした。

ヤマト住建さんの営業マンはネットの評判がかなり悪いですが、僕も例に漏れず悪い方に当たりました。文章では伝えにくいのですが、契約の迫り方やクチコミに対する回答などあまり誠実ではないと感じたんですよねぇ。

そして最後は、結局家の性能捨てるんですねと吐き捨てられました。笑

断熱については間違い無いと思いますが、やはり値段に反映されてくる部分ですので、断熱性を最重視していてかつ一条工務店さんには手が届かないという方には・・・おすすめはしないけど。笑

性能を重視した商品は決してローコストでは建てられませんのでご注意を!

同社のローコストプランだとエネージュIPというものになると思いますが、今回紹介したENとは全然別物なのでしっかり確認してくださいね。

前述の通り商品名が多いので、どういった断熱仕様なのかはきちんとご確認頂いたほうが良いかと思います。

ご参考になれば幸いです。

サンキュー世界、はこでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました